佐久間デンタルクリニック 佐久間デンタルクリニック
歯を抜けたままにすることの悪影響歯を抜けたままにすることの悪影響

ホーム > 歯を抜けたままにすることの悪影響

歯がないと見た目だけでなく
体にも影響を与えます

「1本くらい歯がなくても…」と思われるかもしれませんが、実は歯がないと体にさまざまな影響を与えます。虫歯や歯周病で歯を失った場合、そのまま放置してしまうとどうなるのか?ここでは、歯を抜けたままにすることによる、全身への影響についてお話したいと思います。

歯が抜けたまま放置する
ことによる体への悪影響

健康な歯には、噛む(咀嚼)・飲み込む(嚥下)・発音のほか、見た目を整えるという働きがあります。ところが、歯を失ってしまうと、これらの働きがうまく機能しなくなって、体に次のような影響を及ぼします。

歯並びや
噛み合わせの悪化

歯が抜けたまま放置しておくと、歯がない部分に向かって周囲の歯が移動したり、傾いたりするなど、歯並びに悪影響が及びます。また、噛みあう歯が徐々に伸びてくることで、噛み合わせにも影響することから、1本の喪失でもお口全体に大きな影響を与えます。

肩こりや頭痛

歯がないせいで片噛みが習慣になっていると、片側の歯が極端にすり減ることで、体の左右のバランスがずれてしまうため、肩こりや頭痛、腰痛が起こりやすくなります。さらに、片噛みは顎の関節の痛みや、顔の輪郭の歪みを引き起こすことがあります。

骨量の減少

私たちのカラダは通常、骨吸収と骨再生を繰り返す「骨代謝」によって、一定の骨量を維持しています。ところが、歯を抜けたままにしておくと、咀嚼による骨への刺激がなくなるため、骨再生よりも骨吸収が進んでしまうことから、歯がない部分の骨が痩せてしまいます。

咀嚼力の低下

歯がないとしっかり噛めないため、食事の際に咀嚼が不十分になって、消化器官への負担が大きくなってしまいます。また、硬い物が食べられないからといって柔らかい物ばかり食べていると、食事の栄養バランスが崩れてしまうだけでなく、顎の筋力の低下にもつながります。

認知症になりやすい

歯が20本よりも少ない人は、認知症なりやすいほか、転倒しやすくなることが分かっています。認知症や転倒によるケガは、お年寄りが寝たきりになる代表的な原因でもあることから、特に高齢者の方は、歯の治療をきちんと受けることが寝たきりの防止にもなるのです。

知っておきたい
歯が抜けた時の治療法

歯が失った時にどのような治療法を選ぶかは、部位や歯肉・骨の状態などによって異なります。機能性や見た目などを考慮して、自分に最適な方法を選ぶ必要があるため、それぞれの特徴を知っておく必要があります。

01インプラント

インプラント

インプラントとは、チタンという金属が骨と結合する性質を利用した、人工歯根を骨に埋め込む治療法です。

インプラントが骨と結合することによって、自分の歯のようにしっかりと噛めるほか、単独植立が可能なため、周囲の歯に負担をかけることなく、治療ができるという特徴があります。ただし、十分な骨量がないと埋入が難しいことから、前歯のような骨量が少ない部分や、歯周病によって骨吸収が進んでいる場合は、骨造成の治療が必要になります。

02部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、人工歯と歯肉にあたる床(しょう)を、隣り合った歯に金属のバネをかけて支える治療法です。

治療に時間がかからない反面、入れ歯を支える歯への負担が大きいため、バネをかける歯がダメになると入れ歯ができなくなるという難点があります。さらに、骨がやせてしまうと義歯が合わなくなるため、比較的寿命が短い傾向にあります。また、バネが目立つため、最近は金属を使わないノンクラスプタイプの部分入れ歯が増えています。

03ブリッジ

ブリッジ

ブリッジとは、隣り合った歯を支台として、歯がない部分に橋を架けるように被せ物をする治療法です。

入れ歯に比べて噛む力が強く、2~3回の通院で治療が完了するのが特徴です。また、前歯のような目立つ部分は、オールセラミックにすることで、天然歯のような自然な白い歯にすることができます。しかし、支台となる健康な歯を削らなければならないため、中には治療に抵抗を感じる患者様もいらっしゃいます。

歯が抜けたら必ず治療を
受けましょう

ここまで、歯がないことによって、体にさまざまな影響を及ぼすことをご紹介してきました。歯は、食べ物を噛む際や、話をする際に欠かすことのできない存在ですが、それ以外にも、体のバランスを保つために大きな役割を果たしています。

「他の歯で噛めるから」とか「外から見えないから」という理由で放置していると、体の何らかの不調を引き起こす恐れがあることから、たとえ1本でもしっかりと治療して、健康の維持につなげましょう。

お知らせ

  • >  2021.08.23 <休診日の変更について>
    通常第2・4月曜は休診日となっておりますが、以下の日程で変更がございます。
    お間違えのないよう、お願いします。詳しくは診療カレンダーでご確認ください。
    診療日:8/23(月)・9/13(月)
    休診日:8/30(月)・9/6(月)・9/20(月)・9/27(月)
  • >  2021.07.12 <夏季休診日のお知らせ>
    2021年8月13日(金)~8月16日(月)は、お盆休みとさせていただきます。
    8月17日より通常通り診療させていただきますので、何卒よろしくお願いします。
  • >  2021.04.08 <GW休診のお知らせ>
    5月2日(日)〜5月5日(水)はお休みとさせていただきます。
    5月6日(木)から通常通り診療いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。
  • >  2020.12.04 <年末年始休診のお知らせ>
    2020年12月30日(水)~2021年1月4日(月)は、年末年始のお休みとさせていただきます。なお、12/29(火)の診療は12:00で終了いたします。新年は1月5日(火)から通常通り診療いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。
  • >  2020.08.04 <夏季休診のお知らせ>
    誠に勝手ながら、8月13日(木)~8月15日(土)は夏期休診とさせていただきます。
    8月17日(月)より平常通り診療致します。
  • >  2020.02.20 <3月の休診のお知らせ>
    3月5日(木)午後~3月9日(月)は学会研修の為、お休み致します。
    御迷惑おかけしますが、宜しくお願い致します。
  • >  2019.12.24 <年末年始の休診のお知らせ>
    2019年12月29日(日)~2020年1月5日(日)は休診です。
    2020年は1月6日(月)より通常診療とさせていただきます。
  • >  2019.07.25 <夏季休暇のお知らせ>
    8月15日(木)~8月17日(土)は休診です。
  • >  2019.04.11 <GW期間の休診のお知らせ>
    4月27日(土)午後~5月6日(月)は休診です。
  • >  2018.12.19 <年末年始の休診のお知らせ>
    2018年12月28日(金)午後~2019年1月4日(金)は休診です。
    2019年は1月5日(土)より通常診療とさせていただきます。
    (※土曜は9:00~13:00までの診療です)
  • >  2018.03.14 3月17日・18日
    院長佐久間がSJCD原宿マスターコース参加の為、不在となります。
    参加学会・セミナー一覧はこちら