佐久間デンタルクリニック
徹底した衛生管理

ホーム > 徹底した衛生管理

すべての患者様に、最適な環境で
インプラント治療を
受けていただきたい

歯医者によって、滅菌体制や衛生管理、治療環境には違いがあります。インプラント治療は手術が必要となるため、他の歯科診療以上に徹底した衛生管理が必要となります。
インプラントが失敗する主な原因に、細菌感染が挙げられますが、治療後のメンテナンス不足だけでなく、治療環境の衛生管理もそのリスクを高めます。当院は、安全な治療をご提供できるよう、万全な衛生管理に努めています。

治療器具の衛生管理、
把握できていますか?

治療器具や治療環境には、細菌レベルの衛生管理が求められます。一見清潔そうに見えても、細菌が残っているという可能性もあるでしょう。
歯科医院によって、行っている衛生管理のレベルは違います。患者様の目には見えにくい部分ですが、治療の安全性を高めるためには大変重要な部分です。

当院は、見えない部分だからこそこだわって、患者様に安心して治療を受けていただいたいと考えております。

滅菌とは?
消毒・殺菌との違い

消毒・殺菌・滅菌には、次のような違いがあります。

消毒

微生物を死滅させる、
または、活動を弱めて感染の可能性をなくす

(毒性をなくすなど、感染のリスクを低減します)

殺菌

微生物を死滅させることを言うが、
すべての微生物を対象としていない

(一部の微生物を殺しただけでも、「殺菌」といえます)

滅菌

すべての微生物を死滅
・除去すること

(消毒・殺菌とはことなり、対象が全ての微生物となっている)

「消毒」「殺菌」も衛生的なイメージがありますが、厳密に言えば、「滅菌」のみがすべての菌をなくします。 当院は、治療器具に応じて適切な衛生管理を行っており、患者様のお口に入る、院内感染の原因となるものは、すべて滅菌処理を行い、適切に保管しております。

当院の衛生管理体制

滅菌・消毒設備

治療器具の洗浄に使用するEO(強酸性)水

EO水を使用しています

水道水を、食塩を使って電気分解することで生成されるのがEO水(強酸性水)です。EO水は、微生物を死滅させる働きがありますが、安全性が高く、人体に害はありません。当院では、EO水を治療器具の洗浄などに使用し、院内感染の予防効果を高めています。

インプラントカウンセリングをご利用ください

インプラントの必要性やインプラント以外の選択可能な治療法をご説明し、
患者様に最適な治療法をご説明致します。
インプラントを強制するものではなく、多角的な角度からインプラントが必要かを見極め、
患者様に納得のいく治療法をみつけていただきたいと願っています。
※CT撮影を行い、費用のお見積りも致します。

インプラントカウンセリングはこちら

お知らせ

  • >  2017.12.01 <年末年始の休診のお知らせ>
    2017年の診療は12月28日(木)午前まで
    2018年は1月4日(木)より通常診療とさせていただきます。
  • >  2017.07.28 ホームページを公開しました。