佐久間デンタルクリニック
確実な噛み合わせ調整

ホーム > 確実な噛み合わせ調整

正しい噛み合わせが

インプラントの寿命を延ばします

すべての歯科診療において、噛み合わせ(咬合)の調整は大変重要です。噛み合わせの少しのズレが、お口の中の健康や体のバランス、全身の健康に悪影響を及ぼす場合があるのです。
すべての歯科診療が、正しい咬合調整のもとで行われるべきなのですが、インプラントは特に、噛み合わせの影響を受けやすいため注意が必要です。

当院は、精度の高いインプラント治療をご提供するのはもちろん、専門性をもって、正しい噛み合わせ調整を行っています

噛み合わせが与える
インプラントへの影響

天然歯とインプラントの違いの一つに、「歯根膜」の有無があります。インプラントは、顎の骨にインプラントを直接埋め込みますが、天然歯には、歯根と顎の骨の間に衝撃を吸収するクッションの役割を持つ歯根膜が存在しています。

天然歯とインプラント

噛み合わせが悪いと、噛むことによってかかる力がアンバランスに伝わり、特定の歯に過度の負担をかけてしまいます。インプラントは歯根膜がないため、過度の力がかかると、その衝撃が骨にダイレクトに伝わってしまいます。
そのため、インプラントに負担をかけたり、被せ物の破損を招いたりする可能性が高くなり、インプラントの寿命を縮めてしまう可能性があります。

正しい噛み合わせが
インプラントを守ります

噛み合わせが悪いことの悪影響

当院は、IDIA顎顔面外科矯正認定医である医師が、専門性をもって噛み合わせの調整を行い、インプラントを守ります。正しい噛み合わせは、お口の中全体の健康を守るために不可欠です。悪い噛み合わせは、残っている歯の寿命にも影響しますし、歯周病のリスクを高める可能性があるためです。

また、噛み合わせは、お口の健康だけでなく、全身の健康や全身のバランスにも影響しています。そのため、正しい噛み合わせを維持することは、健康維持においても大切なことであり、正しく噛み合わせを調整できる医師のもとで治療を行うことは大切なことです。

当院が行う噛み合わせ調整

正しい噛み合わせとは、歯と歯の接触だけを見て作るものではありません。顎の骨や位置、頭蓋骨、周囲の筋肉などを考慮することが必要となります。部分的に診るのではなく、総合的に噛み合わせを診ることが、インプラントや残っている歯を守り、お口の健康、全身の健康を守ることにつながると考えています。

インプラントカウンセリングをご利用ください

インプラントの必要性やインプラント以外の選択可能な治療法をご説明し、
患者様に最適な治療法をご説明致します。
インプラントを強制するものではなく、多角的な角度からインプラントが必要かを見極め、
患者様に納得のいく治療法をみつけていただきたいと願っています。
※CT撮影を行い、費用のお見積りも致します。

インプラントカウンセリングはこちら

お知らせ

  • >  2017.12.01 <年末年始の休診のお知らせ>
    2017年の診療は12月28日(木)午前まで
    2018年は1月4日(木)より通常診療とさせていただきます。
  • >  2017.07.28 ホームページを公開しました。