佐久間デンタルクリニック
このようなお悩みはありませんか?

ホーム > このようなお悩みはありませんか?

このような歯の悩みは
当院が解決いたします

インプラントは、ブリッジや入れ歯治療とは違い、外科的手術が必要となります。「顎の骨にインプラントを埋め込む」と聞くと、少し不安になるかもしれません。
しかし、当院では患者様の治療に対する恐怖心や緊張、痛みに配慮した治療を行っておりますので、ご安心ください。

静脈内鎮静法により快適に治療を受けていただけます

インプラント治療は、抜歯の時に使用する局所麻酔で行うことが可能です。局所麻酔だけでも、治療による痛みを感じることはありません。
しかし、痛みはなくても意識がはっきりしているため、治療中の音や医師の声が聞こえてきます。緊張や不安を抱えたままでは、手術時間がとても長く感じるものです。また、恐怖心や不安は、血圧を上昇させるなど全身状態にさまざまな悪影響を及ぼすため、様々リスクも生じます。

そのため、当院では患者様に快適に治療を受けていただけるよう、静脈内鎮静法によって意識がぼんやりとした、ウトウトと眠っているような状態をつくり、治療を受けていただいています。
静脈内鎮静法には、健忘効果もあるため、「治療があっという間に終わってびっくりした」という患者様の声も多く聞きます。

静脈内鎮静法を行うには、全身管理が必要となりますが、当院は歯科麻酔医が全身管理を担当していますので、全身状態を細かくチェックしながら快適で安全な治療を受けていただけます。

「静脈内鎮静法」の詳細はこちら

痛み・腫れに配慮した治療を行っています

骨造成を行ったり、埋入する本数が多くなったりすると、治療後の痛み・腫れが生じやすくなります。術後の痛みや腫れが生じる可能性については、治療前にきちんとご説明いたします。

しかし、痛みや腫れが生じるのには、治療を行う医師の技術も影響するのは確かです。当院では、高い技術を持ち多くの経験を積んだドクターが治療を担当し、治療後の痛み・腫れを少しでも軽減できるように努めています。 また、低侵襲治療を可能にし、痛みや腫れを軽減できる「ガイドシステム」も導入しています。

「痛み・腫れに配慮した治療」の詳細はこちら

インプラントは、歯を失った時の治療法の一つにすぎません。ブリッジや入れ歯により、補綴治療を行うことも可能です。

強引にインプラントをお勧めすることはありません

インプラントには多くのメリットがありますが、デメリットがあるのも事実です。そして、ブリッジや入れ歯も同様にメリット・デメリットがあります。当院では、患者様の治療に対する希望やお口のお悩みをお聞きしたうえで、最適な治療をご提供できるように、十分に相談して治療法を決めていきます。強引にインプラントをお勧めすることはありません。

「他院でインプラントを勧められたけれど、本当にインプラントで良いのだろうか…」 など、どの治療法が良いのかわからないという方も、ぜひご相談ください。自分に可能な治療法を知り、ご自身で治療法を選択し、納得して治療を受けていただくことが大切だと考えています。

当院の「十分な治療説明」の詳細はこちら

セカンドオピニオンにも対応しています

など

主治医から提示された治療に対して、不安や疑問があるならば、第三者(担当医以外の医師)に意見を求めることが可能です。

第三者の意見を求めることを、「セカンドオピニオン」と言いますが、納得して治療を受けるためにセカンドオピニオンを取得することは大切なことです。 インプラント治療は、メンテナンスも含め、担当医とは長い付き合いとなりますし、簡単にやり直しができる治療ではありません。そのため、納得して治療を受けることが大切であり、そのことが医師との信頼関係にもつながります。

当院ではセカンドオピニオンにも対応しておりますので、これから受ける治療に対し迷いや不安があるのならば、ぜひご相談ください。

インプラント治療で失敗が起きてしまう原因は何か、ご存知ですか?

インプラント治療で失敗が起こる原因

インプラントで失敗が起きる主な原因として、術者の技術・経験が十分でないことインプラント治療に必要な設備・治療環境が整っていないことが挙げられます。失敗を回避し、安全性・確実性の高いインプラント治療を行うためには、治療を行う医師・医院に次のようなことが求められます。

術者の技術・経験

  • 最適なプランニング(術式やインプラント体の選択)を行えるか
  • 一人ひとりの患者様に合った、最適な対応が行えるか
  • 常に最新の技術を取り入れ、提供しているか

医院の設備・治療環境

  • 独立したオペル―ムを完備しているか
  • 歯科用CTを導入し、活用しているか
  • 細菌レベルの滅菌・衛生管理が行われているか

当院では、上記すべての項目をクリアした、質の高いインプラント治療をご提供しています。インプラント治療に関わるすべてのスタッフが、勉強会・セミナーなどに参加し、日々治療技術の向上に努めています。

精度の高い診断・治療を実現するために

当院では、精度の高い診断・治療を行うために、歯科用CTをはじめとする設備を導入し、万全な滅菌体制を整えています。CT検査により患者様一人ひとりの状態を的確に把握し、術前診断・綿密なシミュレーションを行って確実性の高いインプラント治療をご提供いたします。

歯科診療は、不可逆的(元に戻せない)な治療です。一度の治療で美しく・噛める歯を手に入れていただかなければならないと考えています。

当院の「治療設備・機器」の詳細はこちら

質の高いメンテナンスをご提供します

治療自体は成功しても、治療後にトラブルが生じたり、使えなくなったりするのでは、本当の意味で治療が成功したとは言えません。
せっかく入れたインプラントを、長期的に機能させるため、当院では質の高いメンテナンスをご提供しています。

高い技術を持った衛生士がメンテナンスを担当し、専門性の高い噛み合わせ調整を行います。インプラントのメンテナンスを通し、インプラントの寿命を延ばすのはもちろん、お口の健康を守り、生涯に渡ってご自身の歯で噛んでいただくことが大切だと考えています。

当院の「アフターケア」の詳細はこちら

インプラントのための歯科選びは、特に慎重に行うことが大切です。従来の治療法とは違い、インプラントは外科的手術が必要であるため、治療を行う医師に解剖学的知識や高い治療技術が求められます。
また、より精度の高い診断・治療を行うためには設備・機器が必要ですし、治療環境の衛生管理は安全性を左右します。

インプラントのための歯科選びが大切

「家から通いやすい」「評判が良い」など、歯科選びで重視するところは人それぞれですが、インプラントにはインプラントのための歯科選びが大切でしょう。
「腕が良い」などと評判が良い歯医者であっても、インプラント治療の腕が良いとは限りません。近年は、歯科診療にも専門性が求められているため、「どの治療の腕が良いのか」を確認することも大切です。

より良いインプラント治療を受けるために

インプラントをはじめ、歯科医療は日々進歩しています。そのため、より良い治療をご提供するために、歯科医師も日々研鑽に努める必要があります。
従来よりも治療期間を短縮できたり、治療による体への負担を軽減できたり、骨量不足でも安全な治療が行えたり…より安全で快適に治療が受けられるようになっているのです。

インプラントの失敗は、歯科選びの失敗とも言えます。納得の治療が受けられるよう、治療を行う医師の経歴・所属学会などを確認し、技術・経験の研鑽に努めているかどうか、事前に確認することも必要でしょう。

当院のドクターの詳細はこちら

お口の中全体を診て治療を行うことが大切

ただ単に、歯のないところにインプラントを埋め込めば良いというものではありません。お口の中全体を考慮した治療が、将来のお口の健康を左右します。
近年は、お口の健康が、全身の健康や健康寿命と深く関係していることがわかっています。歯科診療が、全身の健康や健康寿命の延伸につながるものでなければなりません。

部分の歯としてみるのではなく、お口の中全体を診て、患者様の将来を見据えた治療を行うことが大切だと当院は考えています。
患者様のより良い将来のために、歯科診療を通して全身の健康を守っていきたいと願っています。

顎の骨が十分になければ、インプラント治療を行うことができません。骨量が不足していると、次のようなリスクが懸念されます。

骨量不足のリスク

顎の骨が足りなくて、インプラント治療を断られてしまうケースも少なくありませんが、当院では、骨造成(骨を増やす治療)を行い、安全にインプラント治療を受けていただいています。

骨が足りなくなる原因は、歯周病による骨吸収・歯が抜けたままにしていた(適切な補綴治療を行わなかった)・合わない入れ歯を使用していた等が挙げられます。特に、上顎の骨はやわらかいため骨吸収が進みやすく、骨量が不足しているケースが多いです。

骨造成は難易度の高い治療です

インプラント治療を行っているすべての医院で、骨造成を行っているわけではありません。骨造成を伴うインプラント治療は難易度が高くなるため、すべての医院で行えるわけではないのです。

当院では、治療部位や骨の吸収度合を考慮して、患者様に最適な方法で骨量を増やし、安全性の高いインプラント治療をご提供しています。
骨量不足が原因で、インプラント治療を諦めていませんか?ぜひ当院へご相談ください。

「骨造成法」の詳細はこちら

歯を失った時の治療法には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがあります。抜歯が必要になると、歯がない箇所を人工の歯で補う必要がありますが、お口の中の状態によって適応とならない治療も出てきます。
「どうしても入れ歯になりたくない」という患者様でも、連続して複数の歯を失っている場合には、ブリッジによる治療を行うことができません。

インプラントにもデメリットはあります

入れ歯に対し、悪いイメージをお持ちの方が多いですが、入れ歯治療にもメリットがあります。また、インプラントには「噛める」「きれいな歯が入る」といった良いイメージをお持ちの患者様が多いですが、インプラントにもデメリットはあります。
それぞれの治療について、メリットもデメリットも把握して治療法を選択することが大切です。

当院は、患者様のご希望を伺ったうえで、患者様に最適な治療をご提案させていただいています。また、それぞれの治療のメリットだけでなく、デメリットもお話させていただきます。

「インプラントのメリット・デメリット」の詳細はこちら

歯が抜けたままにしておくのは良くありません

歯を失ってしまったら、その箇所を補う治療が必要になります。歯がないまま放置してしまうと、次のような悪影響が懸念されます。

  • 噛み合う歯が伸びてきてしまう
  • 両隣の歯が、歯のない部分に向かって倒れてくる・移動する
  • 噛み合わせが悪くなる原因になる(顎関節症の原因にもなる)
  • よく噛めなくなることで、胃腸に負担をかける

歯が抜けたままにすることで、他の歯の寿命を縮め、さらなる歯の喪失を招く可能性もあります。歯が抜けたまま放置せず、適切な補綴治療を行うことが大切です。
「入れ歯になりたくない」という方が多いですが、近年はインプラントにより歯を補うこともできます。選択可能な治療法について理解し、自分に合った治療法を選択することが大切でしょう。

インプラントカウンセリングをご利用ください

インプラントの必要性やインプラント以外の選択可能な治療法をご説明し、
患者様に最適な治療法をご説明致します。
インプラントを強制するものではなく、多角的な角度からインプラントが必要かを見極め、
患者様に納得のいく治療法をみつけていただきたいと願っています。
※CT撮影を行い、費用のお見積りも致します。

インプラントカウンセリングはこちら

お知らせ

  • >  2018.03.14 3月17日・18日
    院長佐久間がSJCD原宿マスターコース参加の為、不在となります。
    参加学会・セミナー一覧はこちら