佐久間デンタルクリニック
インプラントとは

ホーム > インプラントとは

これ以上歯を失わないために
「インプラント」で歯を守るという
選択もあります

インプラントとは、歯を失った時に行う治療法です。従来の治療法には、ブリッジ・入れ歯といった方法もありますが、インプラントは独立した人工の歯を植立するため、他の歯に負担をかけることはありません。従来の治療法では、他の歯を失うリスクを高めてしまいますが、インプラントにはそのようなことはありません。
他の歯を守り、将来に歯を残せる治療法なのです。

インプラントとは

そもそもインプラントとは、体内に埋め込まれる人工物(器具)の総称です。整形外科でも、骨折治療において骨折部を固定するためにインプラントが使用されています。
歯科治療におけるインプラントを、「デンタルインプラント」とも呼ばれていましたが、近年は歯科インプラントが一般的となり、単に「インプラント」と呼ばれることが多くなっています。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントは、フィクスチャーと呼ばれる歯根部分と人工歯(被せ物)、歯根部分と人工歯を結合するアバットメントなどから構成されています。

インプラントの特徴

インプラントは、顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、新たな歯を作り出す治療です。
従来の治療法は、他の歯を支えにして欠損部(歯がない部分)に歯を補っていましたが、インプラントは人工の歯根を植立するため独立した新たな歯を取り戻すことができます。

インプラント治療とその他の治療法

素材に「チタン」が使用されています

インプラントは、自分の歯のような噛み心地が得られますが、その理由は、インプラントの素材に使用されている「チタン」にあります。チタンには、骨と強く結合する珍しい性質があるのです。

顎の骨に埋め込まれたインプラントは、骨と結合して一体化します。そのため、固いものを噛んでも、グラついたり、抜けてしまったりすることはありません。チタンと骨が結合する現象を「オッセオインテグレーション」と呼びますが、インプラント治療の成功には、オッセオインテグレーションの獲得が大変重要となります。

オッセオインテグレーション獲得のために

インプラントの成功と長期的安定のために、最適なインプラントを選択することが求められます。インプラントメーカーは世界中にたくさんあり、多くの種類のインプラントが販売されています。表面の加工や形状が種類によって違いますが、近年は表面積を大きくして固定が得やすくなっている「スクリュー型」が主流となっています。

当院は、優れた治療成績を持ち高い成功率を誇る、straumann(ストローマン)のインプラントシステムを採用しています。
また、時間の経過とともにインプラントに老化が起こり、オッセオインテグレーションを獲得しにくくなってしまうことから、光機能化という技術によって、インプラント表面を最適な状態に戻してから治療に使用しています。

インプラント部分のチタン劣化対策

チタンの安全性

チタンは生体親和性が高く、アレルギーが起きにくい特徴があり、体内で長期的に安定するというメリットもあります。そのため、インプラント治療のほか、ペースメーカー、骨折治療で使用されるボルトなど、さまざまな応用がされています。
しかし、稀にチタンに対しアレルギーが出る方もいますので、金属アレルギーのある方は、治療前にお知らせください。

インプラントカウンセリングをご利用ください

インプラントの必要性やインプラント以外の選択可能な治療法をご説明し、
患者様に最適な治療法をご説明致します。
インプラントを強制するものではなく、多角的な角度からインプラントが必要かを見極め、
患者様に納得のいく治療法をみつけていただきたいと願っています。
※CT撮影を行い、費用のお見積りも致します。

インプラントカウンセリングはこちら

お知らせ

  • >  2018.03.14 3月17日・18日
    院長佐久間がSJCD原宿マスターコース参加の為、不在となります。
    参加学会・セミナー一覧はこちら