佐久間デンタルクリニック

ホーム > 麻酔の種類

「あっという間に治療が終わった」
という声を多くいただきます

歯医者に対して「怖い」「痛い」など、ネガティブなイメージをお持ちの方はいませんか?
実際に「歯の治療が苦手」という方は少なくありません。特に、インプラントは手術が必要となりますから、痛みが心配で治療に踏み出せない方も多いようです。

しかし、近年は痛みを抑えた歯の治療が受けられるようになり、インプラント治療についても、痛みだけでなく、恐怖心や緊張を軽減した治療を受けていただけます。

インプラントで行う麻酔

インプラント手術

インプラントは、抜歯などで使用する「局所麻酔」だけで行うことも可能です。局所麻酔だけで治療を行っても、ほとんど痛みを感じることはありません。
しかし、局所麻酔だけでは、意識がハッキリしていますので、治療中の音や医師の声が聞こえ、ドリルの振動も伝わってきます。そのため、恐怖や緊張、不安を覚える患者様も多くいらっしゃいます。

治療中のストレスを軽減し、快適に治療を受けていただくため、当院では「静脈内鎮静法」の併用をお勧めしています。

静脈内鎮静法とは

インプラント

静脈内鎮静法とは、治療によるストレスを軽減する「精神鎮静法」の一つであり、リラックス効果の高い麻酔薬を用いて、うたた寝をしているような、意識の薄い状態をつくります。全身麻酔とは違い、意識が全くないわけではありませんから、医師の呼びかけへの反応や意思表示は可能です。

また、静脈内鎮静法には健忘効果があるため、処置中に起きたことを忘れてしまいます。治療中のことをほとんど覚えていなくて、「あっという間に治療が終わった」と感じる方がほとんどです。

静脈内鎮静法は、不安や緊張を取り除く麻酔法であり、痛みを取り除く「局所麻酔」と併用します。

このような方におすすめしています
  • 治療に対する不安や恐怖、緊張が強い方
  • 全身疾患をお持ちの方
  • 嘔吐反射が強い方
  • 快適に治療を受けたい方

全身麻酔との違い

全身麻酔は意識がなくなり、体が動かなくなって呼吸も止まります。そのため、気管にチューブを通して酸素を送り、呼吸を管理する必要があります。もちろん、全身状態の管理も必要です。

「全身麻酔なら楽に治療を受けられるのではないか…」と考える方も多いかもしれません。しかし、全身麻酔は、局所麻酔や静脈内鎮静法と比較すると、体への負担が大きいですし、リスク・副作用の可能性も高くなります。また、費用負担も大きくなります。

当院は、インプラント治療の場合、基本的に全身麻酔を行いませんが、必要に応じて全身麻酔を行える体制は整っています。

静脈内鎮静法と全身麻酔の主なメリット・デメリット
 静脈内鎮静法全身麻酔
メリット
  • 恐怖や不安を軽減できる
  • 意思表示が可能
  • 健忘効果がある (嫌な記憶が残らない)
  • 麻酔からの回復が早い
  • 痛みや恐怖、不安を軽減できる
  • 意識がなく、体が動かないので安全に治療できる
  • 長時間の治療にも適している
デメリット
  • 長時間の治療には適さない
  • 回復後も眠気が残る場合がある
    (自動車の運転はできません)
  • 呼吸の管理が必要
  • 全身状態の検査が必要
  • 費用が高くなる
  • 入院が必要になる場合が多い
  • 回復に時間がかかる

安全性の高い静脈内鎮静法を行うために

当院では、執刀医と歯科麻酔医の2人体制でインプラント治療を行っています。歯科麻酔医は全身管理を担当し、生体モニターにより脈拍・血圧・酸素飽和度・心電図を確認し、全身状態を常に把握しています。
患者様の全身状態の変化をすぐに察知し、適切な対応を取ることが大切だと考えております。

当院には、歯科麻酔医が常駐しており、安全性の高い麻酔に配慮し、きめ細かな対応を行っています。

インプラントカウンセリングをご利用ください

インプラントの必要性やインプラント以外の選択可能な治療法をご説明し、
患者様一人ひとりに合った治療法をご説明致します。
インプラントを強制するものではなく、多角的な角度からインプラントが必要かを見極め、
患者様に納得のいく治療法をみつけていただきたいと願っています。
※CT撮影を行い、費用のお見積りも致します。

インプラントカウンセリングはこちら

お知らせ

  • >  2018.03.14 3月17日・18日
    院長佐久間がSJCD原宿マスターコース参加の為、不在となります。
    参加学会・セミナー一覧はこちら